HOME > 検索結果

タグ「鉄割」が付けられているもの


 
 
 
 
 
 
 
 
 6件 中 1- 6 件

[コラム]第二十四回 「牧歌的なイメージとは程遠かったハンク・ウィリアムスの生涯」

   うちの父は、ギターを弾いて、唄い出すことがよくあります。それも全部英語の歌なので、「なんだか、いろいろできるんだな」と、子どもの頃は思っていましたが、時を経て、レパートリーは

[コラム]第二十三回「聴けば聴くほどバカバカしくなるエロモンドの極北」

   突然ですが、女の人のセクシーな声というのはいいものですね。一方で、女の人は、低音の男の声がいいと言うけれど、低音で喋っている男って、結構、自分の声を意識して喋っている人が多い

[コラム]第二十二回 音楽の森へといざなうワイルドな妖精、ヴァン・モリソン

   この前、新宿末廣亭の寄席に行ったら、居眠りしていたおっさんが、寝言で「ひゃ〜」と甲高い声を出していました。喋っていた噺家さんは、気づいていませんでしたが、隣の人は迷惑そうな顔

[コラム]第二十一回 なんだこれは!? ミッキー・カーチスの『耳』こそ奇盤の最高峰!

   奇妙な音楽ってたくさんあるもので、GSの頃なんて、なんだこれは? というのが多くて、最近はラジオでタブレット純さんが紹介しているのが、とても楽しい日々です。タブレット純さん自

[コラム]第二十回 なんだかわからないけど叙情的で心に響くアスマハンの歌

   言葉の意味なんてわからないけど、なんだか叙情的で、聴いていると感傷的になってしまう。そのような音楽ってたくさんありますよね。そもそも洋楽なんてのも、自分は、外国語がわからない

[コラム]第十九回「結局は踊らされているボブ・ディランには敵わない」

   世間の流れに乗って、今回はボブ・ディランのアルバムを紹介したいです。それにしても、ノーベル文学賞をとったとなったら、いろいろな人が「どうして歌手に!」とか「彼こそ、もらうべき