HOME > 検索結果

タグ「平野悠」が付けられているもの


 
 
 
 
 
 
 
 
 85件 中 1- 20 件

[コラム]第225回 「初春の東名阪紀行」

<文化の街・大阪を訪れる>  突然、大阪のロフトプラスワンウエストが見たくなった。そういえば今年はまだ一度も大阪の店を訪れていない。吉本や松竹は相手にしてくれないだろうが、ロフト大阪店も悪戦苦闘

[ニュース]4月7日ネイキッドロフトにて「森田童子ナイト〜ぼくが愛してしまった時代よ〜」開催!レア音源や高取英の劇によせた文章も!

  1983年、新宿ロフトでのライブを最後に、引退を宣言することなく活動を休止した森田童子。いまなお愛される彼女の音源&映像を振り返りつつ語らうイベントがネイキッドロフトにて開催決

[コラム]おじさんの眼224回 「東京近郊あちこち散策ざんまいの春の曙」

    早咲きの河津桜 <春を迎える絶景と自然いっぱいの三浦海岸>  海が大好きな私はこのところ三浦海岸の紺碧の海を中心に、三浦のあれこれにはまっている。今回のテー

[ニュース]老舗ライブハウス「新宿ロフト」の魅力に迫る特別番組『LOFT OF AGES 〜新宿ロフト40年の歩み〜』が本日23時よりスペースシャワーTVで放映

新宿ロフト40年の歴史、そして数々の伝説を関係者のインタビューと映像で振り返る特別番組『LOFT OF AGES 〜新宿ロフト40年の歩み〜』が本日2月23日(木)23時からスペースシャワーTVで

[コラム]第223回 年寄りの一年の始まりは......

インド洋上のピースボート、サンセット  新しい年が始まった。年老いた私は、今年こそは長年育んできた「ロフト」を引退して会社は若手に任せて、悠々自適な隠遁生活に入るためにいろいろ考えてきた。

[インタビュー]牧村憲一(音楽プロデューサー)×平野 悠(ロフト創始者)(Rooftop2017年2月号)

出口のない時代に消極的に選んだ音楽の道 平野:ここ数年の牧村さんは、執筆、講演、ラジオ出演と精力的に活動してるよね。自分が音楽の世界で得た経験や思いを次の世代へ残したいという気持ちが文章の行間か

[コラム]第222回 「See the old year out and the new year in」(旧年が去り、新年がやってくるのを見る)

  なんとも豪華な台北駅    新しい年がやってくるなんて毎年言っている気がする。そして万国共通に誰もが歳を重ねる。私はそれをもう70回以上やってきた。正月料理は好き

[コラム]第221回 秋を感じる=I feel fall in the air

  河口湖の上にどーんと構える富士山    相変わらず季節について書く。春もいいが、やはり秋が一番いい季節だと思う。でも最近は秋の良さを感じられないままに、あの

[コラム]第220回 秋の夜長

  @黒田未来 <一年で一番好きな季節なのに、なぜか心晴れぬ秋>  夏の短い夜が過ぎ、秋の夜長な日没がやって来た。週末、気分が晴れない時、日中は自室に籠もり夕刻になるとナップザ

[ニュース]ロフト席亭・平野悠がコラム更新!「ロフトプラスワン事件簿、第9回目〜サエキけんぞうロックを語る〜」

ロフトプロジェクトの席亭・平野悠が幻冬舎plusにて連載を開始した。その名は「ロフトプラスワン事件簿」 。トークライブハウスはどのように生まれ、発展していったのか。今回は、思い出の出演者たちシ

[ニュース]ロフト席亭・平野悠が幻冬舎plusにて連載開始!「ロフトプラスワン事件簿」規制とタブーは一切なし。犯罪以外は何でも自由!

ロフトプロジェクトの席亭・平野悠が幻冬舎plusにて連載を開始した。その名は「ロフトプラスワン事件簿」 。トークライブハウスはどのように生まれ、発展していったのか。現在第5回目まで公開されてい

[コラム]219回 秋の風情...これからは私の大好きな紅葉の季節だ

 この暑い夏、頑張ってきたサルスベリはまだ元気だ。世田谷の郊外では、数少なくなった畑にヘチマが黄色い実をつけ、どんどん大きくなって行く。秋の風情の最大はやはり紅葉なのだろう。京都に行きたいな。早く

[コラム]第218回 オリンピックが終わった次に秋は来るのか?

  モンサンミッシェル <これで7つの海、6つの大陸を制覇した>  今年7月末日、約3ヶ月半のピースボート世界一周の航海は終わった。長かったといえば長かったが、私はまだ本船に残

[コラム]おじさんの眼 第217回 ピースボート世界一周の船旅(北極コース106日間)ファイナル報告

    太平洋のサンセット   <全長54,343キロを制覇した>  なんとも106日間に渡る船旅も、あと数日を残して終わろうとしている。春の桜咲き誇る

[コラム]第216回 ピースボート世界一周の船旅 その3~北極海航路報告~

<新しいロフトに期待する>  この原稿がRooftop本誌に載る頃には、LOFT9 Shibuyaがオープンしている事になるのだろう。私はこれまでロフトグループのトップとして、新しく店舗を出

[コラム]第215回 太平洋〜インド洋〜紅海〜エーゲ海〜大西洋そしてドイツ・ ハンブルグ港

  ギリシャ・ピレウスへ港入港   大海原を行く~世界一周ピースボートの船旅(106日間)~その2    今年の4月13日、横浜港から出発した私の船旅は

[コラム]第214回 大海原を行く〜世界一周ピースボートの船旅乗船記その1 「桜の散る頃、わたしゃ又世界一周船ピーズボートの旅に出た。」

老兵は去るのみなんだな〜  なんとも渋谷にロフトプロジェクトの店舗出店が決まった。わたしゃ老人だし、もうそんなことは最重要事項ではなくなっていて、「自分の老後のテーマをどう実現するか・どうや

[コラム]第213回 「そしてあちこちに春が...え!? ロフトが渋谷に進出!」

  葛西臨海公園の水族館にて。   今回はニュースが一杯だ。   渋谷なんか嫌いだい〜!  なんと、わたしゃ長いこと東京に住んでいるが、渋谷という町が

[コラム]第212回 「下北沢シェルターが25歳の誕生日を迎えるそうだ」

新宿ロフトから下北沢シェルターへ  なんとも世紀末の1999年、日本中が愚かしくも踊ったバブルやバンドブームが完全に終焉した時代。「新宿ロフト」(1976年オープン)は、都市再開発の名の下で

[インタビュー]足立正生×平野悠(Rooftop2016年3月号)

韓国からコウノトリが飛んできた 平野:今回の映画は、プロモーションをとても頑張っていますね。足立さんがこんな事をするのは初めてじゃないですか? すごい数のメディアに出られていますよね。 足立: