HOME > 検索結果

「CD」と一致するもの


 
 
 
 
 
 
 
 
 840件 中 1- 20 件

[レビュー]Pond 「Man It Feels Like Space Again」

 オーストラリアのサイケ・ロックバンド、Pondの6thアルバム。Pondがリリースしてきたアルバムの中で最高傑作なのではないだろうか。サイケ・ロックであると同時にポップでありグラム・ロックの要素

[レビュー]OLEDICKFOGGY 「Gerato」

 OLEDICKFOGGYの6枚目になるフルアルバム、「Gerato」。毎トラックごとに「そうくるか!」という新鮮な感動を味わわせてくれるような、1曲1曲が全力でリスナーを高揚させるアトラクション

[レビュー]クマリデパート 「クマリデパート2」

 アイドルグループ・クマリデパートが活動2年目となるこの春に満を持してリリースする、ミニアルバム『クマリデパート2』! 会場限定CDや、まだ音源化されていなかったタイトルも収録された待望の本作はラ

[レビュー]CY8ER 「ハローニュージェネレーション」

 世界を騒がすガチマジアイドルCY8ERから初のフルアルバムが発売された。防護服に身を包んでのハグ会、ファンと3180(サイバー)枚の写真を撮るまで帰れない&持ち曲全て披露するまで帰れないといった

[レビュー]majiko 「AUBE」

 2010年にニコニコ動画で「まじ娘」名義で歌い手としての活動を始め、当時から少しハスキーで感情を込めた歌い方に定評があり、私もその頃から凄く素敵な歌声だな…とよく聴いていました。去

[レビュー]mitsu 「FOCUS」

 mitsuの2枚目のミニアルバム『FOCUS』は、どの楽曲も洗練されたバンドサウンドで、ソロ活動のシーンをさらに盛り上げてくれる作品となっている。Atypeのみに収録されている1曲目『If』はi

[レビュー]R指定 「規制虫/-ZANGE-」

 昨年12月13日「毒盛る」の続編「毒廻る」を発表し、今年初日から「望まぬ生命」というタイトルでライブを行い大注目のR指定が、両A面シングルとなる「規制虫/-ZANGE-」のリリースを発表しました

[レビュー]BiSH「THE GUERRiLLA BiSH」

 前作albumリリース時よりリードヴォーカル・アイナの声帯手術、幕張メッセワンマン、TVメディア露出、音楽フェス参加等を経て…ほんとにデカくなるべくしてデカくなったアイドルグループ

[レビュー]TOTALFAT「Grown Kids feat. SUGA(dustbox), 笠原健太郎(Northern19)」

 TOTALFAT待望のNEWシングル。タイトルになっているGrown Kidsは彼らが聞いて育ったパンクやロック、メタルなどの音楽を吸収し消化させた最高傑作だ。最近のシングルは日本詩が続いていた

[レビュー]エレファントカシマシ トリビュートアルバム 「カヴァーアルバム3 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~」

 「友達なんかいらないさ 金があればいい」う~ん。パンクである。これはエレカシのデビュー曲「デーデ」。音楽業界では「どえらいバンドが出て来た!」と評価は高かったのだが、その後の2ndは一般受けする

[レビュー]Taiko Super Kicks 「Fragment」

 mini Album『霊感』で自己の感覚をはっきりさせ(はっきりしないということも含めて)、1stAlbum『Many Shapes』で様々なかたちの個が散らばる”世界”

[レビュー]RYUTist 「柳都芸妓」

 良質ポップスというのは良質すぎるとサラリと聴きながしてしまいますが、このアルバムは全曲にアイドルらしいキラキラ感がちりばめられており、「最高にちょうどいい」のです。ウキウキするリズムで、楽しそう

[レビュー]yahyel「Human」

 2016年、一部の音楽ファンの間で話題となっていた彼らはデビューアルバム「Flesh and Blood」のリリースと共に、秘密のベールを纏ったままでごく自然に広がっていった。“宇宙

[レビュー]代代代 「戌戌戌」

 アイドルのニュースタンダードを掲げる4人組の少女隊「代代代」初のミニアルバム。テクノ、エレクトロ、ブレイクコア、ハードコア、インダストリアル、ノイズ、アンビエント…全部詰め込んでご

[レビュー]桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」

 桐嶋ノドカは大学在学中にデモテープを送った小林武史にその才能を見出され2015年にデビューしたシンガーソングライター。今作は小林武史の他にネット世代の人気プロデューサーであるsupercellの

[レビュー]民謡クルセイダーズ「エコーズ・オブ・ジャパン」

 日本のロックやパンクが欧米のそれに劣るとは微塵も思わないけれども、民謡クルセイダーズのデビュー・アルバムを聴くと、古代から続く伝統的な歌唱曲である民謡こそ日本が世界に誇るソウル・ミュージックなの

[レビュー]AL(アル) 「NOW PLAYING」

 シンガーソングライター長澤知之と、andymoriのオリジナルメンバーである小山田壮平、藤原寛、後藤大樹によるバンド、AL(アル)。自身2枚目となる今作は、バンドとして大きく進化を遂げたALの「

[レビュー]レッツポコポコ 「青春微炭酸」

 女子高校生の青春時期を切り取った切なくも元気になれる極上ポップス!○を描くことで自分救っていたら世界も○くなって、聴いているこっちも幸せになっちゃう『○を止めないで』、”君となら思い

[レビュー]BTS(防弾少年団) 「MIC Drop/DNA/Crystal Snow」

 今話題の韓国アーティスト防弾少年団(BTS)。K-POPの第一線で活動しているBTSが約1年ぶりの日本シングルを発売した! ヒップホップでもありラブソングでもあり音楽性が高いBTSの世界観が存分

[レビュー]イギリス人「SMILE」

 2018年2月14日、イギリス人通算4枚目NEW ALBUM【SMILE】が発売となる。好きなものを詰め込んでみたらこうなりました!と、まるで一曲一曲が笑いながら話しかけてくるようだ。多種多様な