HOME > 検索結果

「CD」と一致するもの


 
 
 
 
 
 
 
 
 734件 中 1- 20 件

[レビュー]きれいなひとりぼっちたち / 銀杏BOYZ

 「銀杏BOYZトリビュートプロジェクト始動」という告知にファン達は震え上がった。「きれいなひとりぼっちたち」はYUKI、麻生久美子、YO-KINGなど13組のアーティストが参加。青春時代を思い起

[レビュー]Night on Verse / 校庭カメラガールツヴァイ

 ラストワンマンライブ〈Dazed and Confused〉を控える校庭カメラガールツヴァイが3枚目にして最後となるアルバムをリリース。先行公開された『Lonely Lonely Montrea

[レビュー]Split 7inch Vinyl / 射守矢雄と平松学/SOSITE

 bloodthirsty butchersの自主レーベル「391tone」から『kocorono』のアナログ盤以来3年ぶりにリリースされたアイテムは、射守矢雄と平松学の「yuyake koyak

[レビュー]it isn't a singles / the god and death stars

 闇の中から一筋の光が差し込まれたかのごとく生み落とされたthe god and death starsのフルアルバム「it isn’t a singles」  。シングルコ

[レビュー]Red cherry / vez

 2012年3月、Vo&Gt.高木フトシ、Gt.ASAKI、Ba.飯田成一、Dr.YANAでの4人編成にて再始動したvez。2016年は隔月でワンマンを開催するなど精力的な活動をしてきた彼

[レビュー]ELEMENT / ent

 ストレイテナー”ホリエアツシ”のソロプロジェクト「ent」5年振りのアルバム。日本語詞、英語詞、インストゥルメンタル曲などが収録させているが今まで実際に映画サントラや舞台

[レビュー]THE TIMERS スペシャル・エディション / THE TIMERS

 謎の覆面バンド“THE TIMERS”による1989年のファーストアルバムがリマスター+ボーナストラック+ライブDVDのスペシャルエディションで登場。THE TIMERS

[レビュー]GIFT / 長澤知之

 デビュー10週年を迎えた長澤知之がミニアルバム「GIFT」をリリース。前作「長澤知之III」から2年ぶりのアルバム。2016年は小山田壮平、藤原寛、後藤大樹と共にALを結成し、ファーストアルバム

[レビュー]光るクレヨン / 友川カズキ

 訛りとアクの強い友川の歌声は生命の擦れるささくれ立ったノイズだ。親和性の高いチェロやヴァイオリン、パーカッションの不穏な音色と相俟ってその凄みは増幅し、感情沸騰の臨界点で爆発する。聴き手の心の傷

[レビュー]GIRL / BAROQUE

 Vo.怜とGt.圭の2人にBaとDrのサポートメンバーを加え、4人編成にて活動しているBAROQUEがニューシングルをリリースした。表題曲の「GIRL」ではプロデューサーにL’Arc

[レビュー]片想い / QUIERO V.I.P.

 「懐かしさ」と「新しさ」の融合。おばあちゃんの家でゆったりとすごしているような感覚と、リズムに身を任せて揺れている感覚。2つの感覚が、ひとつの音楽の中に混在しているのが、<片想い>と

[レビュー]鋼鉄の魔法使い / 音速ライン

 約3年振りのリリースとなる本作品は、クラウドファンディングシステムを起用しファンの方と一緒に作ったアルバムです。日本ウーロンハイ協会公式認定ソングに採用された「ウーロンハイ」、箭内道彦氏が作詞提

[レビュー]炒飯MUSIC / アルカラ

 神戸が生んだロック界の奇行師アルカラが、実に8年ぶりに世に送り出したシングル、『炒飯MUSIC』。“ドラゴンボール超”のEDとしてタイアップされたこの1曲は、アニメの世界

[レビュー]river / Maison book girl

 デビューから2年。4人組アイドルグループ Maison book girlがこの『river』でメジャーデビューする。音楽プロデューサー・サクライケンタが作る音楽は中毒性の高い楽曲に独特な世界観

[レビュー]ほったらかシリーズ / HAI

 「世界3位になる」を掲げたニュー・エキサイト・オンナバンド(NEO)のCHAIが初の全国流通アルバムをリリース。その名も『ほったらかシリーズ』全5曲入り。いいですか、一刻を争うんです、はやく聴い

[レビュー]さよーならあなた / カネコアヤノ

 カネコアヤノが新作EP「さよーならあなた」をリリース。前作「hug」は発売から半年足らずで完売。最近では舞台「光の光の光の愛の光の」(ロロ)に出演するなど、女優としても活躍している。本作には11

[レビュー]内田勘太郎 ブルース漂流記 / 内田勘太郎

 憂歌団のギタリストである内田勘太郎、初のエッセイ集。少年期から現在までの内田勘太郎の歴史が刻まれている。昔の記憶を辿りながら、当時を振り返るエピソードの数々は日本のブルースの歴史でもあり、関西周

[レビュー]LEARNERS x CHILDISH TONES

 某童謡を具現化したような、トイ楽器によるガレージ(!)バンドCHILDISH TONESの初となる公式音源は、ライブハウス界隈で話題沸騰中、今や無敵感すら纏っているLEARNERSとのスプリット

[レビュー]GET DOWN/DELUXE EDITION

 8月からNetflixで世界配信がスタートして以来、話題騒然のドラマ、『ゲットダウン』のサントラが、ようやく日本でも入手可能になった。ディスコ~ヒップホップへ時代が流れていく瞬間を切り取った作品

[レビュー]Cubic / LITE

 日本を代表するインストゥルメンタル・ロックバンド「LITE」から3年5ヶ月ぶりとなる5thフルアルバムが到着。ミックスにBATTLESのプロデューサーKeith Souzaを迎えた本作は日本以外