HOME > 検索結果

「BOOK」と一致するもの


 
 
 
 
 
 
 
 
 501件 中 1- 20 件

[レビュー]ツバメ記念日―季節風 春 / 重松清

 このところめんどくさい本ばかり読んでいるが、なんとも心安らぐ本に出会った。もう10年以上前に出版された12編に渡る短編集だ。世界一周船の図書館で見つけた。どの短編も心温まるというのは平凡だけど、

[レビュー]エロマンガ表現史 / 稀見理都

 みなさんご存知の通り日本の漫画は広く深く世界でも類を見ないモノがあります。そんな中、一度は通りながらあまり語られることがなかったエロマンガの世界。タイトルだけ見ると敬遠してしまうかもしれませんが

[レビュー]日ポン語ラップの美ー子ちゃん / 服部昇大

 HIPHOP。食わず嫌いで、なんとなく避けてきたカルチャーだけど、美ー子ちゃんに会ったらきっと言わるだろうな。「いいから黙ってこれを聴きなさい! アイムマザファキ美ー子。ユノンセーン?」小学生の

[レビュー]ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 上 / ダヴィド ラーゲルクランツ

 シリーズ累計八千万部。全世界で大ヒットし、ハリウッド映画化もされたミレニアムの最新作。前著者スティーグ・ラーソンは現代のスウェーデン社会への大きな風刺を織り交ぜつつ、魅力的なキャラを用いてカタル

[レビュー]〆切本2

 1に続き大文豪も漫画家も〆切に苦しむ様が面白く夢中で読み抱腹絶倒! …してたら自分が本稿の〆切ガチ失念、真っ青です。野坂昭如が創刊400周年の媒体寄稿から〆切ブッチどころかまじ行方

[レビュー]増補改訂新版 ビートルズ213曲全ガイド / 藤本国彦

 ロフト系列のトークライブハウスにも度々出演していただいているビートルズ評論家、藤本国彦氏の最新著作。ビートルズがデビューから解散までに発表した全213曲を1ページに1曲ずつ録音順に解説していく構

[レビュー]まことディストーション / まつだひかり

 ”女子高生×バンド”モノ?いいえ、『まことディストーション』はタイトル通り”女子高生×楽器”モノ漫画!(ディストーション=

[レビュー]その「おこだわり」、俺にもくれよ!!④ / 清野とおる

 「おこだわり人」…つまらない日常生活の中で別にこだわらなくてもいい事に敢えてこだわり、そこに自分だけの幸せを見出しコソコソと楽しんでいる人々のことをいう。昨年『その「おこだわり」、

[レビュー]ユリゴコロ / 沼田まほかる

 恐怖や疑念を、これほどまで鮮やかに愛情へひるがえす本がかつてあっただろうか。数年前に読んだ本だが、映画化にあたり再読。  主人公・亮介が、婚約者の失踪、母親の事故死、父親の病気に見舞われ人生に

[レビュー]ライカンスロープの冒険保険 2巻 / 西義之

 異世界といえば転生することが王道となりつつある現在では少数派? になった感もある王道のファンタジー作品。そんな世界で経営されている保険屋を舞台とした今作。職種としては近代のものなのでともすると世

[レビュー]セレベスト織田信長 / ジェントルメン中村

 無料WEBまんがサイト「リイドカフェ」で連載中の『セレベスト織田信長』が満を辞して単行本化! 織田信長という名前から歴史物かなと読み始めると、歴史上の人物を模したセレブ達が自らのプライドをかけて

[レビュー]保安官エヴァンスの嘘 DEAD OR LOVE 1巻 / 栗山ミヅキ

 喜劇というジャンルは既に数多くの舞台、設定が存在し、多くの作品が様々なメディアで展開されている。そんな中少年サンデーで全く新しいタイプの喜劇が生み出された。それが「エヴァンスの嘘」である。コメデ

[レビュー]私家版 精神医学事典 / 春日武彦

 平山夢明や萩原朔美と親交深くアングラ文化に精通する異色の精神科医、最高の事典! 項目は例えばリスカ、残遺状態、町山智浩、高所平気症、電波系、東郷青児、大陰唇…五十音でなく「連想」で

[レビュー]あなたとわたしのドキュメンタリー / 成宮アイコ

 人は孤独な存在だ。あなたは私ではないし、私はあなたではない。それでも私たちが生きていけるのは、たとえ一時でも誰かと繋がることができたり、他者に共感する瞬間が訪れたりするからだろう。絶叫朗読で知ら

[レビュー]深夜特急 / 沢木耕太郎

 一人旅の原点はここにある。私の生涯のテーマである「旅」「ロック」「サブカル」の中から旅の本を選んでみた。世界を旅する旅人のバイブルだ。この本は旅のガイド本ではない。観光本ではないのだ。ドキュメン

[レビュー]彼女がその名を知らない鳥たち / 沼田まほかる

 こちらも映画化ということで再読。とにかく嫌悪と動揺。そのくらい強烈に、あるいは強引に引きずりこまれる業の深い本なのだ。いっそ読んだ事実すらなかったことにしたい、また同じくらいの余韻に支配されるこ

[レビュー]廃村 昭和の残響 / 村田らむ

 『軍艦島と巨大廃墟たち』に続く写真集第二弾のテーマは『廃村』。タイトルから想像するような、人が生活をしていた村や家が朽ちてしまう理由を考え、じめっとしてしまう本ではない。よく晴れた空、やわらかく

[レビュー]戌井昭人 / ゼンマイ

 過去に何度も海外に行こうとしたが、未だ行けていない。「ピースボートで世界一周!」なんて如何わしいポスターが貼ってある店の系列に勤めているのに、情けない話だ。(ピースボートに乗ったことがないので実

[レビュー]明石家さんま / Jimmy

 明石家さんま原作によるジミー大西の半生を描いたドラマが諸事情によりNetflixでの公開を見送られたが、ノベライズ版は無事発売された。内容はさんまとの出会いから芸人を志し、マネージャー(後の奥さ

[レビュー]平松伸二 / そしてボクは外道マンになる 1巻

 『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』で知られる平松伸二先生による『まんが道』。自身の物語は生み出した作品以上にドラマチックかもしれません。昭和の激動の時代に16歳でデビューした天才作家